時事ネタ

地球史の地質時代にまた新たな1ページ「チバニアン」正式名称に決定へ

新たな地球史地層チバニアン

どうも湯豆腐です。

巷で話題になっている「チバニアン」ご存知ですか?

あぁ知ってる知ってる! レベルファイブの猫っぽいやつでしょ!

ジ〇ニャン

はい、違いますね。

この度、地球の歴史の一時代に新たな1ページが追加されました!
千葉県市原市で歓迎の声が上がっております!

地質時代に新時代「チバニアン」爆誕!

この度、国立極地研究所などは17日に地球の歴史の一時代が千葉の名前を冠した「チバニアン(千葉時代)」と命名されることが決まったと発表しました。

77万4000年前から12万9000年前の時代の始まりを告げる痕跡が千葉県市原市の地層にあり、時代の名前にふさわしいとして日本チームが申請していた。

国際地質科学連合が韓国・釜山で会合を開き、最終承認されました!

日本の地名が地質時代名になるのは史上初の快挙!

46億年におよぶ地球史は、当時の様子を示す地名などをもとに名前をつけるのが通例。

数々の物証から時代を証明するのは簡単ではなく、日本の地質学の水準の高さを改めて世界に示しました。

これまで77万4000年前から12万9000年前の地質時代は、暫定的に「中期更新世」と呼んでいた。

今後、国際学会である国際地質科学連合が世界に周知し、「千葉時代」を意味する「チバニアン」が教科書や研究論文で使う正式名称になる。

地球史の一時代を日本の地名が飾るのは初めて。

名前の定まっていない地質時代を解明!

46億年の長い地球の歴史には、恐竜絶滅といった大きな変化がみられたところを境に、「ジュラ紀」や「白亜紀」などの時代区分がされている。

これらの区分は地層と化石の研究から名づけられたもので、ジュラ紀はアンモナイトや爬虫類が栄え、大形恐竜や始祖鳥が出現した時代だが、この時代の地層が発達しているフランス〜スイスに広がる「ジュラ山脈」から名付けられた。

同様に、白亜紀は、アンモナイト・恐竜などが大繁栄した時代で、イギリスとフランスの間のドーバー海峡地域のチョーク(白亜)を含む地層から命名された。

このような「ジュラ紀」や「白亜紀」などの固有の名称で呼ばれる地層が、特徴的に分布する地域を「模式地」(もしきち)と呼ぶ。

地球の歴史は、隕石(いんせき)の衝突や寒冷化などの節目ごとに117の時代に分けている。

これらを地質時代と呼び、名前がついていないのは10程度を残すだけとされていた。

地球では、方位磁石の指すN極が北とは向きが逆になる「地磁気の逆転」と呼ぶ現象がたびたび起きていた。

最後は約77万年前で、そこから約13万年前までが名前の定まっていない時代の1つだった。

77万年前の地層を研究する上でもっと優れた模式地として、千葉の地層が選ばれた形だ。

参考:HUFFPOST

研究チームが地磁気逆転の痕跡を発見、決定までの道のり

研究チームは市原市の地層に地磁気逆転の痕跡を見つけ、一時代を代表する地層だとする申請を2017年に実施。国際学会は他に申請のあったイタリアの2地点を含めて審査していた。

最終選考に唯一残った日本チームが選考の上で重視されたのが地磁気の逆転をいかに証明するかだった。

市原市の地層には磁石の性質を持つ鉱物が含まれ、逆転の様子を克明に記録していた。逆転が起きた時期が複数の手法で説明できたうえ、当時を物語る花粉や化石を含んでいたことも今回の決定を後押しした。

参考:日本経済新聞

千葉県市原市は歓喜の声

命名の知らせが届いた17日、市原市役所には「祝チバニアン決定」と書かれた垂れ幕が掲げられ、小出譲治市長と林充教育長がくす玉を割った。

小出市長は記者会見で「研究チームの努力と地元の皆様に感謝する」と語った。

「チバニアン」新たな観光地になるか?

同市は2017年に地磁気逆転地層保存活用検討委員会を設置し、地層一帯の土地の市有地化などに取り組んできた。

一帯を観光資源とする整備基本計画を21年秋までにまとめ、ガイダンス施設を建設し、新たな観光拠点とする予定だ。

今年3月には民間によるツアーバスの試験運行も予定されている。

「チバニアンを通じて地質学などへの興味や関心を持ってほしい」

チバニアン命名を受けて、県は今年度中に県内の小中高、特別支援学校の全校に、チバニアンや地磁気逆転について解説するポスターを配布する。

小学生用と中高生用の2種類を用意し、県のホームページにも子ども向けの特設ページを開設する。

県文化財課の担当者は「チバニアンを通じて地質学などへの興味や関心を持ってほしい」と期待している。

森田健作知事は「世界中で使われる地質時代の一つに千葉時代を意味するチバニアンが加わった。

その根拠となる地層が本県にあり、観察しやすい場所にあるということは、県民の新たな誇りとなるとともに、千葉の魅力を世界に向けて発信できる絶好の機会ともなり、大変うれしく思う。

関係者の皆様の苦労に敬意を表するとともに、本県の魅力として多くの方々に知っていただき、さまざまな形で活用されることを期待する」とコメントした。

参考:毎日新聞