季節ネタ

東京ディズニーランド!何度でも楽しめる?今年度限定ミニーマウスが主役のミニパレードを開催する

今度のディズニーはミニーが主役!?

どうも湯豆腐です。

皆さんは、東京ディズニーランドは好きですか?

私は、乗り物系が苦手なのでそもそもテーマパークに行くのが好きじゃないんです。。

でも、ディズニーランドは乗り物に乗れなくても、街並みを楽しんでみるとか、食べ物を楽しむとか、キャスト&スタッフのパフォーマンスを楽しむとか。

様々な方法で楽しませてくれるという特徴があります。

そういったサービスの豊富さも、まさに夢の国と言った感じですよね。

そんなディズニーランドが今年限定のプログラムを開催することが発表されました。

今度はミニーが主役!?“今年度限定”プログラム

東京ディズニーランドでは、2020年1月10日(金)~2020年3月19日(木)まで、ミニーマウスが主役の“今年度限定”プログラム「ベリー・ベリー・ミニー!」を開催。

パレードルートでは、ミニパレード「ベリー・ミニー・リミックス」(約40分/1日2回/約25人出演/フロート1台)を実施。

参考:Yahoo!ニュース

限定プログラム「ベリー・ミニー・リミックス」

開催期間:2020年1月10日(金)から3月19日(木)
公演場所:パレードルート
公演時間:約40分
実施回数:1日1~2回
出演者数:約25人
フロート台数:1台
<出演キャラクター>ミニーマウス、ミッキーマウス、プルート、ドナルドダック、グーフィー

ミニパレード「ベリー・ミニー・リミックス」の公演内容は、公演日や停止位置によって異なる楽しみ方ができるのがポイント。

パレードは新しいコスチューム&テーマソングでスタートし、途中6カ所で停止。

これまでパークを彩ってきた数々のエンターテインメントの要素を織り交ぜながら、ゲストと一体となって、懐かしくも新しい世界を繰り広げていく。

パレードは全6通り!?

ミニパレード「ベリー・ミニー・リミックス」は東 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで過去に人気だったショー・パレードが盛り込まれているパレードです。

最大の特徴は、なんと公演日、停止位置によって披露されるショー・パレードの内容が異なり、3×2の全6パターンがあります!

日によって内容が変わる3パターン

日によって変わるパレードの内容。

①~③の3パターンがあり、一日おきに変わります。

また、スケジュールも公開しているため、ランダムで毎日いかないと見れないという事もありません。

スケジュールカレンダーについては後述します。

場所によって内容が変わる2パターン

さらに、パターンの日でも、停止する場所によって内容が違ってきます。

日替わりの①~③のパターンそれぞれにAとBの講演内容があり、停止するたびに内容が交互に入れ替わります。

「ベリー・ミニー・リミックス」では停止が全部で6回あります。

そのうち1・3・5回目(奇数回目)の停止ではAの内容、2・4・6回目(偶数回目)の停止ではBの内容が披露されます。

停止時の講演内容パターン

パターン①
・Dポップ・マジック!
・スーパーダンシン・マニア
B・フィエスタ・トロピカール
・フィエスタ・トロピカール
パターン②
・ディズニー・ドリームス・オン・パレード“ムービン・オン
・ディズニー・パーティーエクスプレス!
B・ミニー・オー!ミニー
・ミニーのトロピカルスプラッシュ
パターン③
・ミッキーのアドベンチャーランド・マルディグラ
・ブレイジング・リズム
B・フィール・ザ・マジック
・ディズニー・リズム・オブ・ワールド

MAPを見て停止位置を確認

パレードのルートと停止位置

まとめ

それぞれの停止位置でのパレードの停止時間はおおよそ3分ほどです。

ディズニーファンの方には嬉しい、懐かしのダンスを披露してもらえます。

ディズニー初心者の方でも、過去のパレードを見る良い機会でもありますので、是非この機会にディズニーランドへ行ってみてはいかがでしょうか?

スケジュールカレンダーを確認すれば、見たいパレードをピンポイントに見に行くこともできますので、うれしいですね!